人材・ワークライフバランスの推進

健康への取り組み

私たちは世界中のお客様に「"安全・安心・快適"を提供することにより社会に貢献する」ことを使命に事業活動を行っています。「安全・安心・快適」な商品とサービスを提供していくためには、従業員一人ひとりとその家族が健康で公私共に充実した「安全・安心・快適」な生活を送ることが大切であると考えます。
三和グループが今後も社会に貢献し、成長・発展し続けていくためには、大切な財産である従業員が健康であることが第一です。
三和グループでは、コンプライアンス行動規範に「健康的で誰もが生き生きと働ける職場環境を創造し、効率的かつ安全で快適な職場環境を形成することに最大限の努力をします。」と明記しており、従業員やその家族の健康を守るために様々な取り組みを実施しています。
会社の施策だけでなく、従業員が自分自身の健康について関心を払い、自発的に健康保持・増進に取り組んでいけるよう、最大限の努力をしてまいります。

三和ホールディングス株式会社
取締役常務執行役員 経営企画部門担当
福田 真博

推進体制

三和グループでは、三和ホールディングスの経営企画部門担当役員を中心に、CSR推進部・人事総務部・健康保険組合が一体となった推進体制を構築し、グループ従業員の健康保持・増進のサポートに取り組んでおります。

従業員の健康を実現するために

三和グループでは、体の健康だけでなく心の健康、職場の健康づくりにも取り組むことで従業員が健康で生き生きと活躍できる環境を整えています。

体の健康~元気を守る~

健診等の実施

三和ホールディングス健康保険組合では、疾病の予防や早期発見・早期治療のため、人間ドック・生活習慣病健診(30歳以上)、歯科保健指導、インフルエンザ予防接種等に対する費用補助を行っています。

民間のフィットネスクラブと提携

三和ホールディングス健康保険組合では、健康及び体力の保持・増進のため、民間のフィットネスクラブと提携し、三和グループの従業員とその家族へ運動機会の提供を行っています。

毎朝ラジオ体操を実施

毎日の朝礼時に、職場でラジオ体操を実施しています。
全身を動かすことで集中力が高まり、安全意識の徹底と生産性の向上を期待できます。

ヘルスケアルームの設置

三和シヤッター工業の本社食堂横に「ヘルスケアルーム」を設置しました。従業員の健康維持・増進に加えて、一人ひとりが自分自身の身体と向き合い、考える場所として活用しています。

心の健康~やる気をつくる~

保養所の設置

三和グループでは、伊豆や湯布院をはじめとする全国10ヶ所に保養所やリゾートマンションを所有しています。三和グループの従業員やOBとその家族の健康の保持増進、心身のリフレッシュを図ることを目的に設けられています。

復職診断プログラム

メンタルヘルス不調で休業した従業員の復職については、職場復帰までのプロセスを明文化した「復職診断プログラム」に従い、スムースな職場復帰を支援しています。

ハラスメントのない職場

国内グループ各社の管理職を対象に2年ごとのコンプライアンス研修で、ハラスメントに関する講義を実施しています。

職場の健康~活気で満たす~

三和"らしさ"探求ワークショップ

国内の三和グループ各社の中堅社員が集まり、「三和"らしさ"」をテーマにグループ共通の価値観をもってエンゲージメントを強化するためのワークショップを開催しました。

「TECH SANWA」の発行

2018年度より、三和グループの施工技術者向けの広報誌「TECH SANWA」を10年ぶりに再刊しました。安全意識の向上、新工法や新商品についての情報共有に加えて、施工技術者の活躍などを紹介し、互いの技術を高めあうモチベーション向上に寄与しています。

内部通報制度

国内の三和グループの全従業員と派遣社員、協力業者を対象に、外部機関に委託した内部通報制度の窓口を設けています。この制度は、組織や個人のコンプライアンスに関する通報を受け付け、不正行為の未然防止や早期対処を図るとともに、職場環境の改善に寄与しています。なお、社内規定により通報者が不利益を被ることの無いように十分に保護され、安心して通報することが出来る体制を整えています。

一番上へ