安全・安心・快適を実現する製品

社会の安全・安心を守る防水シャッター

製品概要

2014年10月より全国発売した三和シヤッター工業の「ウォーターガード 防水シャッター」は浸水高2.5mまで対応できる電動パネルシャッターで、通常時は管理用シャッターとしても使用できます。浸水の危険性を察知した際には、圧迫ボタンを押して圧迫機構を作動させることで防水性能を発揮します。

安全・安心を守る価値と機能

近年、記録的な台風や突発的な集中豪雨による浸水被害が続発しています。集中豪雨による深刻な被害の増加にともない、企業は水害などの緊急事態発生時に、事業を継続し経営を存続させるBCP(事業継続計画)を定めるなどの対策が重要視されています。これまでは水害の対象として主に河川の氾濫(外水氾濫)が問題となり、その対策が進められてきましたが、現在は都市型水害として、地下空間や住宅地などで排水が追いつかずに浸水するいわゆる都市型水害(内水氾濫)が問題となっています。「ウォーターガード 防水シャッター」は突然の集中豪雨にも簡単に、すばやく、安全に、防水機能を発揮できる製品として開発されました。

開発の歩み

開発のきっかけとなったのは、2011年の東日本大震災でした。宮城県仙台市は、津波による大きな被害を受けましたが、仙台塩釜港にある下水処理場の建屋には機械室に鋼製扉が設置されていたため、被害を免れていました。この情報を受け、三和シヤッター工業では防水商品の開発に力を入れ、防水ドアをはじめとした防水シャッターの開発に取り組んでいきました。開発段階では水圧に耐え漏水量を抑えるゴムの開発に時間を要しましたが、1年未満で業界初となる防水シャッターを開発することができました。

施工事例

・コレド日本橋(日本橋一丁目三井ビルディング)
・三井住友銀行本店ビルディング
・東京メトロ 要町駅・末広町駅・浅草駅

Focus

社会からの評価

防水性能は漏水量20ℓ/h・㎡以下で、一般財団法人建材試験センターにて浸水防止性、構造安全性、使用安全性、容易性、耐久性が総合的に評価され、技術評価認定を取得している。

・評価書番号 第TE001号 (平成28年3月29日)
・評価内容
 (1)浸水防止性 MWL(2.5)-4等級
 (2)構造安全性
 (3)使用安全性
 (4)容易性
 (5)耐久性

一番上へ