個人投資家の皆様へ

数字で見る三和グループ

シェア 50%超 国内 軽量シャッター

スチール製で防災・防犯性能に優れている「軽量シャッター」は、住宅ガレージや小型店舗、倉庫など、比較的小さな間口に用いられています。三和シヤッター創業以来の主力商品であり、事業を展開し始めた1956年から業界を牽引し続け、現在では50%超のシェアを誇っています。

シェア順位
重量シャッター 1位
軽量シャッター 1位
ビル・マンションドア 1位
窓シャッター 3位
マーケットNo.1分野 6分野

日本・米国においてはシェアトップの事業も多く、特に産業用シャッターおよび産業用OSD(セクショナルドア)については圧倒的な強さを誇っています。スチールドアについても日本でのシェアが高まり、建設投資の増加もあって、グループの業績拡大を牽引しています。

マーケット 地域 シェア
鋼製シャッター 日本・米州 No.1
スチールドア 日本 No.1
ガレージドア 日本 No.1
産業用OSD(セクショナルドア) 日本・米州 No.1
ステンレス製品 日本 No.1
車両用ドア 米州 No.1
展開国・地域数 24の国と地域

グローバルに展開する三和グループが事業展開する国や地域の数は、24に上ります。日本、米国はもちろんのこと、欧州では主力のドイツに加えて、フランス・オランダ・イタリアなど、アジアは中国・ベトナム・香港・台湾などで事業を行っています。今後も、これらの国や地域の特性を踏まえ、グローバル・メジャーを目指して拡大を続けていきます。

創業 95年

米国子会社オーバーヘッドドア社は、1921年創業であり、その歴史は95年を数えます。また、オーバーヘッドドア社製品のみを取り扱うディストリビューター(代理店)を約400社抱えており販売の主力となっています。オーバーヘッドドア社のロゴから通称「リボンディストリビューター」と呼ばれ、全米をカバーするこの販売ネットワークが北米事業を支えているのです。

施工技術者数 3,000名超(三和シヤッター工業)

三和シヤッターのビジネスの特徴は、製品の製造・納入だけでなく、施工・サービスも自社で行うことです。そのため、技術者を採用・育成し、全国にネットワークを構築していることこそ三和シヤッター工業の強みであり、最大の資産だと言えます。これからも持続的な成長のため、施工技術者育成を強化していきます。

製品アイテム数 175点(三和シヤッター工業)

当社グループの製品は顧客の要望に合わせてきめ細かく仕様を変更することが特徴です。実際のアイテム数は、数えきれないほどとなりますが、三和シヤッター工業では代表的な商品を体系付けて、昆虫のイナゴに引っ掛けた「175」ポスターを作成しています。

生産拠点数 57ヶ所

生産拠点は57ヶ所あり、意外と多いとおっしゃる方も少なくありません。しかし、工場を各地に点在させることで、マーケットにより近いところで生産し、できるだけ早く現場に納めるなど、顧客の要望へのフレキシブルな対応が可能となっており、これが当社事業の特徴となっています。

日本 17ヶ所
北米 17ヶ所
欧州 15ヶ所
アジア 8ヶ所
設計耐用回数 50万回(高速シートシャッター)※消耗部品は20万回

当社グループの製品の多くは、建物の開口部に取り付けられるものであり、建物内部の安全・安心を守ることが当社製品の大きな使命です。それには、安全でかつ快適に開閉機能を保つことも必要となります。たとえば、高速シートシャッターであるクイックセーバーの設計耐用回数は50万回ですが、この回数をさらに増やすことができるよう、開発部門では日夜技術革新に挑んでいます。安全・安心・快適を社会に提供するための努力にゴールはありません。

一番上へ