長期ビジョン・中期経営計画

三和グローバルビジョン2020

「動く建材」のグローバル・メジャーとして、
世界中のお客様に安全・安心・快適な商品とサービスを提供する

当社グループは、長期経営ビジョン「三和グローバルビジョン2020」を策定し、2013年度からスタート致しました。これは「三和2010ビジョン」(2001年度~2012年度)の成果を踏まえ、「三和2010ビジョン」の基本構想である「企業価値創出のグローバル・グループ経営」を継承し、グローバル経営を初期的段階から新たな飛躍の段階へと進化させたものであります。

第三次中期経営計画(2019~2020)

位置づけ

「グローバル・メジャー」としての
トップブランドの基盤を確立する2ヵ年

重点方針

コア事業

  1. 日・米・欧のコアビジネスの事業領域拡大と強化

成長事業

  1. サービス分野の強化とビジネスモデルの拡大
  2. 中国・アジア事業の基盤拡充

基盤強化

  1. 働き方改革と生産性向上
  2. ESGを推進し、社会からより信頼される企業体質へ

数値目標

  • 売上高

  • 営業利益

  • 営業利益率

  • ROE

    資本コストは8%を目処

  • D/Eレシオ

  • SVA (Sanwa Value Added) / ROIC

    当社独自の付加価値指標
    SVA=税引後営業利益-投下資本×WACC(6%)

キャッシュ・フロー配分方針

2020年以降の持続的成長のために、資金を優先配分

株主還元

配当性向35%を目安
自己株取得については戦略投資を優先するため、キャッシュポジションを考慮しながら機動的に実施

戦略投資(M&Aや成長への設備投資)

多品種化の推進やシナジー効果の見込める成長分野を中心に投資

設備投資(既存事業維持への投資)

事業の維持・継続に必要な設備投資は、減価償却費と同程度を原則として実施

TOP