サステナビリティマネジメント

基本的な考え方

脱炭素、人権・人種問題など地球規模の社会課題に対して積極的に関与し、課題解決に向けた取り組みを推進していくことは、限りある資源や多数のサプライチェーンに支えられて事業活動を営む企業に課せられた使命であると考えています。
三和グループは、サステナビリティやSDGsという言葉が誕生する以前より、シャッターやドア、間仕切などの商品やサービスを通じて、安全・安心・快適な日々の暮らしを支え続けてきました。
当初は防犯上の目的で普及の進んだシャッターは、次第に防火・防煙といった火災への対応や耐震性能が求められるようになり、最近では集中豪雨への対応としての防水性能や、大型化する台風への対策としての耐風性能が求められるようになってきています。
また、新型コロナウイルス感染対策として、私たちの自動ドアや間仕切が貢献できる場面も拡大しています。
環境変化の激しい現代社会において、社会課題やニーズにスピーディーに対応できることが重要だと考えています。

これらの考えを背景として、より機動的かつスピーディーにサステナビリティに関連する取り組みが推進できるよう、2021年8月、経営企画部門担当役員(取締役)を議長とする「グループCSR推進会議」に代えて、三和ホールディングス代表取締役社長を議長とする「サステナビリティ委員会」を設置しました。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制図

価値創造モデル

TOP