三和グループ価値創造の歩み

三和グループは創業から60余年の歴史を歩む中で、シャッター以外の製品へ展開する「多品種化戦略」と、「グローバル化」によって成長・発展を遂げてきました。今後も「安全、安心、快適を提供することにより社会に貢献する」という使命のもと、世界を舞台に更なる成長を目指していきます。

創業者の髙山萬司は、三和シヤッター創立時に愛情・信頼・勤労の3つを基本精神として社標を定めました。その後も、この社標のもと、安易な道に流れることなく、着々と会社の基礎を築き、発展を遂げてきました。

2002年には、企業規模の拡大と事業の広がりを踏まえて、三和グループの「使命・経営理念・行動指針」を策定。3つの輪を安全、安心、快適と位置づけ、お客さまに満足していただける製品・サービスを提供しています。

[1950~1970s]シャッター業界の幕開け

創業当時の社屋跡

1956年、尼崎市で軽量シャッター事業を開始し、三和シヤッター製作所を設立。製造と販売の両輪体制を確立し、事業が軌道に乗り始めた。
1965年にはシャッター業界トップの地位を確立。6つの工場の建設工事が完了し、生産能力は世界最大級へと成長した。

[1980s]総合建材企業として「動く建材」の価値を高める

1982年 FTSポスター

ドア事業、住宅建材事業、間仕切分野へ本格参入。お客さまの安全、安心のために、24時間フルタイムサービス(FTS)を全国展開。業界に先駆けて香港など海外進出を開始した。創立30周年を迎えた1986年に売上1000億円企業に。

  • グローバル比率
  • 非シャッター比率

[1990s]海外進出強化による事業拡大

1996年 オーバーヘッドドア社を買収

1974年からライセンス契約を結ぶなど交流の深かったオーバーヘッドドア社がグループに参入。米国トップシェアを誇る新たな企業の加入によって、製品の共同開発や相互販売、市場開拓が進められた。

  • グローバル比率
  • 非シャッター比率

[2000s]多品種開発により、多様なライフスタイル・ニーズに応える

2009年 三和グループ試験センターが竣工

2003年には欧州で高いプレゼンスを有するノボフェルムグループをグループ化。国内では、ベニックス株式会社を買収し、間仕切事業の基盤を強化。
多品種化を通じた基幹事業の拡大・成長、事業・地域両面での多角化を果たし、グローバルトップブランドへと成長を遂げる。
2007年には持株会社体制に移行。

  • グローバル比率
  • 非シャッター比率

[2010s]社会と共生する商品開発

防水シャッター

環境に配慮した商品や省エネルギー商品、自然エネルギーを活用した商品の企画発売を開始する。防水機能や耐震などの防災商品も充実させるなど、持続可能な社会に貢献。

「動く建材」のグローバル・メジャーを目指す三和グループは、欧州での基幹事業拡大への取組みおよび欧州でのサービス会社のM&Aや国内での検査の法制化により、メンテナンス・サービスも拡大している。これからもますます「安全、安心、快適」を実現する商品・サービスの実現を目指す。

  • グローバル比率
  • 非シャッター比率
TOP